多肉植物とすごく相性いいです KINTO アクアカルチャーベース

KINTOアクアカルチャーベース2

KINTO アクアカルチャーベース

KINTOの花瓶のひとつ。

See the beauty of leaves growing and roots extending in the water
のびのびと育つ葉、水のなかで広がる根。植物のすべてを楽しむ。

 

ということで、こんな風に根っこが水に浸かる様子が見えて面白い。

KINTOアクアカルチャーベース3

 

 

アクアカルチャーベースは多肉植物と合います

 

KINTOアクアカルチャーベース8

こちらはハオルチア属のオブツーサです。

ハオルチアの原種のひとつで、葉っぱの先端が「窓」と呼ばれる透明な部分になっています。

うちで結構育っていたのがあったので、今回株分けしてみました。

 

オブツーサは比較的育てるのが簡単で、多肉植物の初心者にもおすすめ。

 

KINTOアクアカルチャーベース4

多肉植物って土で育てるイメージしか無かったので、新鮮です。

でもやってみると、確かにいい感じ。

KINTOのアクアカルチャーベースは大きさが2種類ですが、多肉植物を合わせるなら小さい方がカワイイかなと思い、そちらにしてみました。

 

 

KINTOアクアカルチャーベース5

色はクリア(透明)、グレー、ブルーと3色ですが、グレーが一番お洒落な感じがしましたね。

そんなに濃いグレーじゃないので、いろいろなものと合わせやすいと思います。

そこらへんに、ちょこんと置いておくだけで様になります。

 

KINTOらしくコーヒー道具なんかとも相性いいです

KINTOアクアカルチャーベース6

すごくコーヒーの道具たちと相性がいいなと思います。

色合いといい、雰囲気といい、横にちょっと置いておくとお洒落感がグッと増します。

KINTOの他のグラスなんかとも、当然ですが合ってますね。

 

KINTOアクアカルチャーベース9

ちなみに上のお皿部分と下のボトル部分は分離してます。

なので、上の植物は乗っけたまま、下の水を取り換えることができます。

夏は毎日、冬は1週間に一度の水換えをします。

 

KINTOアクアカルチャーベース10

ヒヤシンスの球根なんかにもピッタリですね。

あと、ハーブ系も良さそうです。

 

この形、ガーデニング系のお店なんかでもたまに見かけますが、お洒落なのはあまりありません。

KINTOのは洗練された感じで良いです。

 

KINTO アクアカルチャーベース 80mm

 

 



 

EXPLORE FEATURED POSTS

コーヒー趣味10の理由1 1

コーヒーはほんの少し手間をかけて淹れてみると、驚くほど豊かな味わいになります。 そして自分で淹れたコーヒーは、大きな満足感をもたらしてくれます。 この記事では、コーヒーを趣味にする理由を、10個挙げて ...

美味しいコーヒーの淹れ方 2

もくじ美味しいコーヒーの淹れ方:やってみるのが一番ペーパードリップの手順を確認コーヒー豆を選ぶコーヒーの量を決めるコーヒー豆の量とお湯の量の関係コーヒー豆を量るコーヒー豆の分量を量るコーヒーミルでコー ...

コーヒー豆 3

もくじ初めてのセットはこんな方におすすめ土居珈琲のどこがおすすめなのか良い農園から品質の高い豆を仕入れる豆の特徴に合わせて適切な焙煎を行うハンドピックによる不良豆の取り除き焙煎後すぐに配送してくれる土 ...

珈琲きゃろっと 4

もくじ 珈琲きゃろっとはスペシャルティコーヒー通販珈琲きゃろっとの値段は安い?珈琲きゃろっとのコーヒー豆は良いもの?いきなり定期便を頼むのは抵抗があるなぁコーヒーの淹れ方がよく分からないけど…珈琲きゃ ...

コーヒーをドリップする道具 5

もくじコーヒーを趣味として始めるのに必要な道具ハンドドリップは最初に道具ありき適切な抽出器具があれば美味しいコーヒーはできますペーパードリップに最低限必要な道具ペーパードリップを始めるにはこれだけ初心 ...

-コーヒーの器
-,