KINTOスローコーヒースタイル ブリューワースタンド粋な支え役

KINTOブリューワースタンド5

KINTO SCS-S04 ブリューワースタンド

KINTOブリューワースタンド3

キントーのSLOW COFFEE STYLE SPECIALTY(スローコーヒースタイルスペシャルティ)のブリューワースタンド第2弾。

黒くてスッキリ細身のスタンドです。

 

同じSLOW COFFEE STYLE SPECIALTYの第1弾のスタンド SCS-S02 は、木製の台にゴールドの支柱で高級感を狙った路線。

KINTOブリューワースタンド4

(出典:https://kinto.co.jp/products/27590

 

対して第2弾 SCS-S04 の方は、黒で渋めな感じ。

どちらを選ぶかはまさに好み次第です。

 

KINTOブリューワースタンドSCS-S04の製品情報

KINTOブリューワースタンド26

  • 定価 ¥9,900 (税込)
  • W125 x D130 x H210 mm
  • 約450 g
  • ステンレス鋼

 

コーヒー淹れるのにスタンドを使う理由

ドリッパーって下の部分がコーヒーサーバーに乗っけるホルダーになっているものも多いです。

そうすると、スタンドって要りません。

下の写真みたいなのですね。

KINTOブリューワースタンド6

でも、このホルダー部分がないものもあるんです。

例えばORIGAMIのドリッパーとかもそうですね。

あとはHARIO V60のステンレス製とかガラス製もそうです。

 

そういうタイプのドリッパーをいくつか持っていると、スタンドが欲しくなったりします。

 

KINTOブリューワースタンドSCS-S04は鋳物です

KINTOブリューワースタンド7

KINTOのサイトの写真だと、ちょっと質感が分かりにくいですが、ご覧の通り、鋳物です。

スタンドの高さはネジを緩めれば調整できます。

 

KINTOブリューワースタンド8

ステンレス鋼ですが、近くで見るとこんな風にちょっとゴツゴツした無骨な手触り。

触るとちょっとひんやりして、鉄って感じです。

 

少し離れると、マットな黒の棒というように見えます。

台がなくて土台部分も棒なので、パッと見、全体としてスッキリした印象。

 

なんですが、実物を近くで見ると鋳物の持つ質感で軽くは見えないです。

あと実際に重量もそれなりにあるので、安定感あります。

 

KINTOブリューワースタンドとV60ドリップスケール

KINTOブリューワースタンド18

V60ドリップスケールが使えるのか、気になりますよね。

 

HARIO V60ドリップスケールは大きさ合うの?

V60ドリップスケールが問題なく使えます!

 

KINTOブリューワースタンド19

さすがKINTO。

こういうところは外さないですね。

V60ドリップスケールがピッタリ入ります。

 

KINTOブリューワースタンド17

ちゃんとV60ドリップスケールが入るように設計されてます。

これが入らないと皆困っちゃいますよね。

 

KINTOブリューワースタンドと他社ドリッパー

KINTOブリューワースタンド12

まずはORIGAMIドリッパー。

サイズは小さい方のSです。

 

KINTOブリューワースタンド13

HARIO V60メタルドリッパー。

ブラック×ブラックで、渋くまとめ。

 

KINTOブリューワースタンド14

そして再びORIGAMIのドリッパー。

こちらはサイズがMです。

 

ORIGAMIのMは割と大きめですが、大丈夫そうです。

 

こんな感じで他社製ドリッパーでも特に問題なく使えそうです。

ただ、鋳物なんで、ドリッパーを置くときに乱暴にやるとドリッパーに傷がつきそうで、そこだけ丁寧にする必要があると思います。

 

KINTOブリューワースタンド使ってみた

KINTOブリューワースタンド20

では、HARIOの道具たちと合わせてブリューワースタンド使ってみます。

ドリッパーはV60メタルドリッパーです。

 

KINTOブリューワースタンド21

セットしてみるとこんな感じ。

なんかしっくり収まってます。

 

KINTOブリューワースタンド22

お湯を注いでいきます。

ドリッパーも安定していて順調に抽出が進んでいきます。

 

KINTOブリューワースタンド23

時間が来たら、サーバーをどけて、代わりに受け皿を置いて滴を受け止めます。

受け皿は横に用意しておくといいです。

 

KINTOブリューワースタンド24

そしてマグに注ぎます。

 

KINTOブリューワースタンド25

出来上がり!

 

KINTOブリューワースタンドはセットもあり

SCS-S04 ブリューワースタンドセット 4 cups

ドリッパーの大きさが1-2杯用のセットが定価 ¥13,200 (税込)、1-4杯のセットが定価 ¥13,750(税込)。

 

スタンド、コーヒーサーバー、ドリッパー(ブリューワー)、ドリッパーのホルダーとペーパーフィルター20枚がセットになったものです。

ここでいうホルダーは淹れ終わった後でドリッパーを置く台のことですが、あると便利。

ドリッパー は磁器のタイプですね。

 

黒で統一されていてお洒落です。

まとめて揃えたいという方には良い選択肢かもしれません。

 

KINTOブリューワースタンドSCS-S04のまとめ

KINTOブリューワースタンド16

KINTOブリューワースタンドSCS-S04、渋いだけじゃなく、使えます。

 

KINTOブリューワースタンドSCS-S04のまとめ

  • ステンレス製の鋳物
  • 黒くてスッキリしたミニマルなデザイン
  • スタンドの高さはネジを緩めて調整できます
  • 割と重さもあって安定してます
  • ドリッパーをセットするときは傷つかないように丁寧に
  • HARIO V60ドリップスケールがピッタリ収まる
  • 他社製のドリッパーも使えます

 

 

さすがにKINTOの製品は良く考えられて作られているなという感じがしました。

他社製品との相性も悪くないので、いろいろな組み合わせで使っていけるのでは。

 

KINTOのドリッパーとのセットも統一感あって良いですね。

 

このスタンドに興味がある方は、実物見て鋳物の質感を確認することオススメします。

写真だと一番分かりにくいのが、そこかもしれません。

 



 

EXPLORE FEATURED POSTS

コーヒー趣味10の理由1 1

コーヒーはほんの少し手間をかけて淹れてみると、驚くほど豊かな味わいになります。 そして自分で淹れたコーヒーは、大きな満足感をもたらしてくれます。 この記事では、コーヒーを趣味にする理由を、10個挙げて ...

美味しいコーヒーの淹れ方 2

もくじ美味しいコーヒーの淹れ方:やってみるのが一番ペーパードリップの手順を確認コーヒー豆を選ぶコーヒーの量を決めるコーヒー豆の量とお湯の量の関係コーヒー豆を量るコーヒー豆の分量を量るコーヒーミルでコー ...

コーヒー豆 3

もくじ初めてのセットはこんな方におすすめ土居珈琲のどこがおすすめなのか良い農園から品質の高い豆を仕入れる豆の特徴に合わせて適切な焙煎を行うハンドピックによる不良豆の取り除き焙煎後すぐに配送してくれる土 ...

珈琲きゃろっと 4

もくじ 珈琲きゃろっとはスペシャルティコーヒー通販珈琲きゃろっとの値段は安い?珈琲きゃろっとのコーヒー豆は良いもの?いきなり定期便を頼むのは抵抗があるなぁコーヒーの淹れ方がよく分からないけど…珈琲きゃ ...

コーヒーをドリップする道具 5

もくじコーヒーを趣味として始めるのに必要な道具ハンドドリップは最初に道具ありき適切な抽出器具があれば美味しいコーヒーはできますペーパードリップに最低限必要な道具ペーパードリップを始めるにはこれだけ初心 ...

-コーヒーの道具
-