ハリオ オリーブウッド V60耐熱ガラスドリッパー&サーバーをセットで

HARIOガラスドリッパーとサーバー2

ハリオ オリーブウッド V60耐熱ガラスドリッパー&サーバー

HARIOガラスドリッパーとサーバー3ハリオにはオリーブウッドとガラスを組み合わせた魅力的な製品がいくつかあります。

今回はその中から、V60耐熱ガラス透過ドリッパーオリーブウッド01コーヒーサーバー400オリーブウッドをレビューします。

 

この2つは組み合わせて使うと、デザインに統一感のあるおしゃれなセットになります。

もちろん単体で使っても十分に満足感の得られる製品ですが、今回は組み合わせて使ってみます。

これ、なかなかおすすめです。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー6

何といってもガラスと木の組み合わせは相性がいいもの。

ガラスのクリアで清涼な印象と、木の柔らかく優しい雰囲気は、上手く使うと双方の良いところで魅力倍増になります。

 

そして今回はオリーブウッドです。

オリーブウッドの素晴らしい木目が、この製品の価値をグッと高めていることは間違いありません。

 

それでは、まずオリーブウッドについて、ちょっと情報を見てみましょう。

 

オリーブウッドってどんな木材?

HARIOガラスドリッパーとサーバー4

オリーブウッドは、地中海沿岸とアフリカのケニアやタンザニア、チュニジアなどで採れる木です。

モクセイ科の紅葉樹で、地中海沿岸のイメージが強いですが、木材としてはアフリカ産が多いようです。

 

よく、ちょっとおしゃれな雑貨とかキッチン用品売り場などで見かける木ですよね。

さて、どんな特徴のある木なのでしょうか。

 

オリーブウッドの特徴

なぜオリーブウッドがキッチン用品に使われるかというと、3つの理由があります。

キッチン用品に使われる理由

  • とても密度が高く強度がある
  • 抗菌性もあり衛生的にも良い
  • 美しい特徴的な木目がある

 

オリーブウッドは、一つひとつがとても個性的な木目をしています。

いわゆるマーブル模様であったり、また、オリーブの場合は他の木材では嫌われる節なども味になったりします。

バーズアイと呼ばれる希少な木目が出ている場合もあります。

 

オリーブは長生きなものも多く、中には樹齢が何百年というとても貴重な木だったりする場合もあります。

そのため、価格的には少々高めなものが多いですが、すごく魅力的なので、木が好きな人にはたまらないのではないでしょうか。

 

オリーブウッドのまな板、スプーン、トレイ、ボウルなど

HARIOガラスドリッパーとサーバー5

オリーブウッドのカッティングボード(まな板)は人気のある商品の一つ。

オリーブウッドの美しい木目が存分に楽しめます。

 

見た目が良いことから、そのまま食卓に出してカフェ風な演出をしたり、便利なアイテムでもあります。

オリーブのボードがひとつあると、それだけで結構それっぽい雰囲気を出せます。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー32

まな板以外では、スプーンやトレイ、ボウル、コースターなどをよく見かけますね。

写真のボウルも、こういうのに入ってるだけで美味しそうに見えますね!

 

オリーブウッドの手入れ

HARIOガラスドリッパーとサーバー30

基本的には長時間水にさらさないこと、乾燥させすぎないことです。

まぁ、これは自然の木なので当たり前といえば当たり前のことかもしれません。

 

もっと木の部分が大きな製品によっては、たまにオイルを塗ることが推奨されていることもあります。

これは木でできているギターなどでも同じですが、塗装されていない部分は乾燥させすぎないようにオイルを塗ったりします。

 

上の写真のように、ハリオの製品でもオリーブウッド部分については、大体同じ注意が記載されていますが、オイルの手入れまでは指示がないですね。

そこまでは気を遣わなくても大丈夫そうです。

 

HARIO V60 耐熱ガラス透過ドリッパー オリーブウッド 01

HARIOガラスドリッパーとサーバー7

人気のV60ドリッパーの耐熱ガラスバージョン

ハリオ V60といえば大変人気のあるドリッパー。

カリタと並び、非常にユーザーが多いドリッパーです。

 

この2大メーカーでドリッパー市場のかなりの部分を占めています。

ものすごく大雑把に分けると、V60はドリップの調節が効く玄人寄りのドリッパー。

 

そしてV60にはいくつか異なる材質のものがあります。

プラスチック、磁器、ステンレス、銅などですが、今回は耐熱ガラス製。

 

 

 

ガラスは案外丈夫そうな厚みがあります

HARIOガラスドリッパーとサーバー8

ガラス製というと脆いんじゃないか、という気がすると思いますが、そうでもないです。

比較的肉厚な感じのガラスで、そんなに簡単に割れそうもないです。

 

あと、ホルダー部分も厚めの土台なので、しっかり持てます。

ガラス製品としては扱いやすく、普段からそれほど気にせず使えると思います。

 

今回は01サイズです。

  • サイズ 幅 120 × 奥行 120 × 高 77mm
  • 容量 1-2杯用
  • 重量  約260g(実測値)

 

上の写真のように、ホルダー部分が外れます。

01サイズは小ぶりで、ドリッパー本体は手のひらにもすっぽり入るぐらいで扱いやすいです。

 

オリーブウッドのホルダー

HARIOガラスドリッパーとサーバー9

上からみたとこは、強い木目が出ていますが、オリーブウッドにしては真っ直ぐな感じでした。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー10

本体のガラスのドリッパーですが、リブがご覧の通り、V60特有の螺旋状。

抽出口もトレードマーク的な大きめの一つ穴。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー11

ちょっと写真だと分かりにくいかもしれませんが、ドリッパー本体は、外側はツルツルなガラスで、内側がリブで凸凹。

よく見ると外側は3段階に波打っていて、ドリップポットなんかとデザイン的には似た感じです。

 

ガラスがはまる部分はシリコーンゴムです。

はめると、かなりしっかりとはまります。

 

逆さにして降っても落ちたりしません。

なので、そういう面でも気軽に扱えます。

 

HARIO コーヒーサーバー400 オリーブウッド

HARIOガラスドリッパーとサーバー12

フタと取っ手がオリーブウッド

さて、次はサーバーです。

オリーブウッドのフタ付き。

 

そしてオリーブウッドのウッドハンドルです。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー15

フタは実際にはあまり使わないかもしれません。

でもきれいなオリーブウッド で、ちょっと嬉しい。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー13

取っ手部分も、オリーブウッド です。

金属をはさむようにして作られています。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー14

持ち手の反対側。

こちら側はゼブラ模様的な木目ですが、本当に部分毎に違う表情の木目です。

 

それにしても、このサーバー、ガラスとステンレスとオリーブウッドの組み合わせがすごく良い感じ。

これがあるだけで、おしゃれ感が漂ってきます。

 

 

小さいサイズがかわいいサーバー

HARIOガラスドリッパーとサーバー16

こちらのサーバーはサイズ小さめ。

容量400mlまでなので、やや多めの2杯分ぐらい。

 

なんかちょっとガラス部分が妙に寸詰まり感があるところが、かわいくないですか。

この微妙なバランスのデザインが逆にすごく良くて、好きです。

 

  • サイズ 幅 177 × 奥行 118 × 高 104mm
  • 実用容量 400ml
  • 重量  約234g(実測値)

 

ハリオ同士の組み合わせなので、V60ドリッパーとはサイズがちょうど良い。

ドリッパーホルダーの裏側のシリコーンゴムの大きさと、サーバーのフチの大きさがピッタリにできています。

 

サーバーの目盛りが2種類あります

HARIOガラスドリッパーとサーバー17

こちらはカップ1杯120mlの場合。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー18

次にこちらはカップ1杯130mlの場合。

ちょい多めの一杯を作りたい時など、目安を変えられて便利。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー19

直火にはかけちゃダメです。

 

ハリオ オリーブウッドのドリッパー&サーバー使ってみた

HARIOガラスドリッパーとサーバー21

ペーパーフィルターをセットして、まずはリンスします。

ガラスのドリッパーはちょっと温めておきたいですね。

 

V60の螺旋状のリブがよく分かります。

 

ペーパーフィルターはこちらのタイプ。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー22

コーヒー粉を入れて蒸らしです。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー23

蒸らしの後、抽出の第1投。

コーヒー豆24g、お湯は400mlです。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー25

ちょうど400mlぐらいまで入った様子。

スケールはドリッパーを外したので表示が違いますが。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー26

ウッドハンドルは、注ぐ時も普通に持ちやすい。

小さめのサイズで取り回しがいいですね。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー27

ハリオのスケールとも、大きさはピッタリ。

ORIGAMIのピノアロママグに200mlぐらい注いだところです。

 

HARIOガラスドリッパーとサーバー20

オリーブウッドは雰囲気が明るくなりますね。

朝の光が合いそうな感じ。

 

ハリオ その他のオリーブウッド を使った製品

V60オリーブウッドスタンドセット

HARIOガラスドリッパーとサーバー28

(出典:https://www.hario.com/seihin/productdetail.php?product=VSS-1206-OV

オリーブウッドでできたドリップスタンド。

ドリッパー、サーバー、スタンドのセットですね。

 

最初に全部揃えちゃおうって人にはいいかもしれません。

スタンドで使うとドリッパーを洗いやすいのはメリット。

 

  • サイズ 幅 156 × 奥行 160 × 高 248mm
  • 容量 1-4杯用

 

 

セラミックコーヒーミル・ウッド

HARIOガラスドリッパーとサーバー29

(出典:https://www.hario.com/seihin/productdetail.php?product=MCWN-2-OV

純白のセラミックとオリーブウッドの組み合わせが新鮮なコーヒーミル。

案外白いコーヒーミルって少ない気がします。

 

ミルまで揃えると、かなりの統一感ですね。

ちなみにハリオのセラミックのミルは使いやすくて初心者にもおすすめです。

 

  • サイズ 幅 167 × 奥行 85 × 高 215mm
  • 容量 コーヒー粉30g

 

 

ボナ 琺瑯ティー&コーヒーキャニスター

HARIOボナキャニスター

琺瑯(ホーロー)製のキャニスターです。

これは僕も使っていますが、明るい雰囲気で使いやすいキャニスター。

 

100g用の小さいサイズもあります。

豆を少なめの分量で買って早めに飲み切る人は、100gサイズが良いと思います。

 

 

  • サイズ 幅 102 × 奥行 102 × 高 143mm
  • 容量 約200g

 

 

ハリオ オリーブウッド V60耐熱ガラスドリッパー&サーバー まとめ

HARIOガラスドリッパーとサーバー31

さて、今回はハリオのV60耐熱ガラス透過ドリッパーオリーブウッド01とコーヒーサーバー400オリーブウッドを見てみました。

使いやすいということもありますが、やっぱりデザインやおしゃれ感でおすすめです!

 

オリーブウッドシリーズのまとめ

  • ドリッパーとサーバーのセットがおしゃれ
  • オリーブウッドは耐久性、抗菌性があってキッチン向き
  • オリーブウッドは美しい木目の高級材
  • ドリッパー01とサーバー400は小さめサイズで取り回しが良い
  • ガラスのドリッパーだけど丈夫そう
  • HARIOには他にもオリーブウッド製品あります

 


初心者にもおすすめ、ハリオのセラミック・コーヒーミル。


 

EXPLORE FEATURED POSTS

コーヒー趣味10の理由1 1

コーヒーはほんの少し手間をかけて淹れてみると、驚くほど豊かな味わいになります。 そして自分で淹れたコーヒーは、大きな満足感をもたらしてくれます。 この記事では、コーヒーを趣味にする理由を、10個挙げて ...

美味しいコーヒーの淹れ方 2

もくじ美味しいコーヒーの淹れ方:やってみるのが一番ペーパードリップの手順を確認コーヒー豆を選ぶコーヒーの量を決めるコーヒー豆の量とお湯の量の関係コーヒー豆を量るコーヒー豆の分量を量るコーヒーミルでコー ...

コーヒー豆 3

もくじ初めてのセットはこんな方におすすめ土居珈琲のどこがおすすめなのか良い農園から品質の高い豆を仕入れる豆の特徴に合わせて適切な焙煎を行うハンドピックによる不良豆の取り除き焙煎後すぐに配送してくれる土 ...

珈琲きゃろっと 4

もくじ 珈琲きゃろっとはスペシャルティコーヒー通販珈琲きゃろっとの値段は安い?珈琲きゃろっとのコーヒー豆は良いもの?いきなり定期便を頼むのは抵抗があるなぁコーヒーの淹れ方がよく分からないけど…珈琲きゃ ...

コーヒーをドリップする道具 5

もくじコーヒーを趣味として始めるのに必要な道具ハンドドリップは最初に道具ありき適切な抽出器具があれば美味しいコーヒーはできますペーパードリップに最低限必要な道具ペーパードリップを始めるにはこれだけ初心 ...

-コーヒーの道具
-,