丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』爽やかで飲みやすい酸味系

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』2

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』3

丸山珈琲からクリスマスまでの限定ブレンドということで、11月1日~12月25日の販売。

丸山珈琲から毎年期間限定で出ているブレンドですが、先週の深煎りの赤に続いて中煎りの白も飲んでみました。

こちらは中煎りということで、酸味系です!

 

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』のコーヒー豆データ

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』4

  • 生産国 ボリビア、ニカラグア、他

 

焙煎度合いは中煎りなので、綺麗な焦げ茶色。

片方はウォッシュトですかね。

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』5

豆の特徴

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』
※ お店の評価に当サイト管理人の印象を加えています

マスカット、ハチミツ、マンダリンオレンジの風味。シロップの様な質感。

『丸山珈琲』

2種類のクリスマスブレンドが毎年発売されますが、こちらは白。

パッケージも冬っぽい、雪なんかを連想させる白ですね。

赤の方は丸山珈琲って感じのチョコレート感満タンな深煎りでした。

こちらの白が酸味系なので、この2つを飲むと丸山珈琲の苦味系、酸味系を両方味わえて、ちょうどいいんじゃないかと思いました。

ブレンドのボリビアはちょっと珍しい感じですね。

 

ボリビアってどんな国?

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』6

今回はボリビアとニカラグア、他っていうブレンドです。

ボリビアといえば僕の住んでいたブラジルのお隣の国。

 

でも一般的にはあまりメジャーな国でもないので、ボリビアってどこにあるの?って感じではないでしょうか。

上に写真は首都のラパス。

憲法上はスクレって別の街が首都なんですが、事実上の首都がこちらのラパス。

 

観光用のケーブルカーからの眺めですが、アンデス山脈が迫っていて、都会というよりは山間の大きな街って雰囲気です。

標高は3600mほどなので、ほとんど富士山の山頂で暮らしているような感じです。

 

ここもやはり旅行者が高山病になるとこです。

気持ち悪くなって、結構つらいんです。。。

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』7

ラパスや有名なチチカカ湖、ティワナク遺跡には行ったことがありますが、案外何もない野原みたいな場所が多かった印象。

この写真もラパスの街並みですが、素朴な感じですよね。

 

ボリビアは経済規模も小さく、コーヒーの生産量もブラジルに比べたら少なめ。

あまりポピュラーなコーヒー豆ではないので、珍しい豆でブレンドだなと思いました。

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』8

こちらはティワナク遺跡の「太陽の門」。

インカ帝国の少し前の時代の遺跡。

 

この遺跡の周辺もあんまり何にもないとこなんですよね。

どうしてこんなとこにこんな遺跡になるような建造物が作られたのかなって不思議でした。

 

実は遺跡好きなんですが、どの遺跡もどうしてこんなとこにこんな石の建造物作ったのかなって不思議に思うものって多いんですよね。

たぶん遺跡好きな方には分かっていただける疑問ではないかと。。。

その際たるものがエジプトのギザのピラミッドとかカルナックの神殿とかですね。

 

もうひとつの豆はニカラグアですが、こちらは中米の国。

クリスマスブレンドの赤の豆にグァテマラ が入っていましたが、近くです。

ニカラグアはホンジュラスとコスタリカ に挟まれ、火山があるので標高も高い地域があってコーヒーが栽培されています。

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』13

ニカラグアは中米最大の湖であるニカラグア湖があります。

こちらはそのニカラグア湖最大の島、オメテペ島からマデラス火山を眺めたところ。

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』14

そしてこちらはカリブ海側のコーン・アイランドの風景。

標高が低いところはこんな感じの熱帯の気候ですね。

ああ、いいなぁカリブ海。

 

ニカラグアの豆は前にも丸山珈琲でシングルオリジンの『ルイス・アルベルト パカマラ ハニー』を飲んだことがありますが、レベルの高い豆でした。

ボリビアよりもニカラグアの方がおそらく馴染みはある人が多いかと。

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』淹れてみました

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』9

今回はV60メタルドリッパーで、湯温はやや高めの93〜94度ぐらい。

しかしこのブラックのメタルドリッパー、いつ見てもかっこいい。。

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』10

クリスマスブレンドの白は中煎りなので、深煎り赤に比べると酸味系で苦味はあまり感じません。

フルーティな酸味。

 

そして甘み。

酸味と微妙に絡み合う柔らかな甘みです。

 

アフターテイスト的にミカンのようなフレーバーが舌に感じられるのではないかと。

僕の印象だとやや酸っぱめの小さなミカン。

 

テイスティング評ではマンダリンオレンジってのがありましたが、確かにミカン的なフレーバー。

メインじゃないですが、やや後から来る感じで。

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』11

やや冷めてきた時に、このオレンジ、ミカン系のフレーバーが前面に出てくる感じがします。

 

酸味はしっかりあります。

が、酸味自体は比較的早く消える印象。

 

そういう意味では酸味系の中でも飲みやすい感じのブレンド。

酸味が苦手という人もいるみたいですが、これは上手く酸味がありつつも酸味が気にならないというか。

 

丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド白』12

テイスティング評のマスカット的な甘酸っぱいフレーバーは感じ取りやすいんじゃないかなと思います。

アフターテイストはスッキリしてますね。

 

クリスマスブレンドの赤と飲み比べると面白いんじゃないかと思います。

今まであまり酸味系には挑戦していない方にもおすすめ。

 

丸山珈琲の期間限定クリスマスブレンド赤と白。

すごく月並みな感想ですが、どちらも美味しいコーヒーです。

 

そう言わせてしまう丸山珈琲の実力ということで😅

 


丸山珈琲『期間限定クリスマスブレンド 』のレビューはこちらへ。


 

EXPLORE FEATURED POSTS

コーヒー趣味10の理由1 1

コーヒーはほんの少し手間をかけて淹れてみると、驚くほど豊かな味わいになります。 そして自分で淹れたコーヒーは、大きな満足感をもたらしてくれます。 この記事では、コーヒーを趣味にする理由を、10個挙げて ...

美味しいコーヒーの淹れ方 2

もくじ美味しいコーヒーの淹れ方:やってみるのが一番ペーパードリップの手順を確認コーヒー豆を選ぶコーヒーの量を決めるコーヒー豆の量とお湯の量の関係コーヒー豆を量るコーヒー豆の分量を量るコーヒーミルでコー ...

コーヒー豆 3

もくじ初めてのセットはこんな方におすすめ土居珈琲のどこがおすすめなのか良い農園から品質の高い豆を仕入れる豆の特徴に合わせて適切な焙煎を行うハンドピックによる不良豆の取り除き焙煎後すぐに配送してくれる土 ...

珈琲きゃろっと 4

もくじ 珈琲きゃろっとはスペシャルティコーヒー通販珈琲きゃろっとの値段は安い?珈琲きゃろっとのコーヒー豆は良いもの?いきなり定期便を頼むのは抵抗があるなぁコーヒーの淹れ方がよく分からないけど…珈琲きゃ ...

コーヒーをドリップする道具 5

もくじコーヒーを趣味として始めるのに必要な道具ハンドドリップは最初に道具ありき適切な抽出器具があれば美味しいコーヒーはできますペーパードリップに最低限必要な道具ペーパードリップを始めるにはこれだけ初心 ...

-コーヒー豆
-, , , ,