カリタクリーニングブラシ 豚毛、静電気なし、使い易い、一家に一本

カリタ『クリーニングブラシ』2

コーヒーを淹れると辺りに粉が…

コーヒー淹れてみると、コーヒーの粉がいろいろなところに付いてしまいます。

コーヒーミルにはとにかく粉が付きますし、他にもキャニスター、計量スプーンなど、ハンドドリップをやってみると、結構いろいろなところに粉が付くことに気づくと思います。

結構お掃除が大変です。

 

で、そんな時に大活躍するのが、こちら。

カリタ『クリーニングブラシ』3

Kalita クリーニングブラシです!

 

世の中にブラシはたくさんありますが。。。

カリタ『クリーニングブラシ』4

世の中にブラシと名のつくものは多数ありますが、案外コーヒーのお掃除に適したものはありません。

コーヒー粉の掃除の大敵である、静電気とコーヒー豆の油分。

大敵の静電気や油分に対抗するためには、静電気に強くないといけないですし、適度な毛先の長さ、硬さ、毛量が必要であり、それに適したブラシはなかなか無いのです。

 

カリタ『クリーニングブラシ』5

そして、こちらのKalita クリーニングブラシは、さすがコーヒーを知り尽くした会社の製品です。

毛先の長さ、毛の腰の強さ、持ちやすさ、静電気耐性など、全部合格点です。

これを買えば間違いありません。

代用品で感じていたストレスは消し飛びます。

あー、最初からこれを買っときゃよかった、ということになります。

 

コーヒー道具の掃除に最適!

カリタ『クリーニングブラシ』6

豚毛です。

豚毛は静電気が発生しにくいそう。

これでまずは大敵のひとつ目には効き目ありです。

 

カリタ『クリーニングブラシ』7

毛量も多く、適度なコシがあります。

ですので油分があってくっついた粉のカスを取るのにも向いています。

 

カリタ『クリーニングブラシ』8

コーヒーの道具の掃除には、結構奥深くまで毛先を届かせたいとか、広い範囲をさっと掃きたいとか、割とさまざまな掃き方をしたい時があります。

このブラシは十分な長さがある毛先なので、その点もOKです。

一回さっと掃くだけで広い範囲で粉を取れます。

 

Kalita クリーニングブラシ

 

一家に一本、Kalitaのクリーニングブラシ

カリタ『クリーニングブラシ』9

地味な道具ですが、これはすごくコーヒーのことを分かった上で作られた製品だと思います。

コーヒーが趣味なら、一家に一本。

買っても後悔はしないと思います。



 

EXPLORE FEATURED POSTS

コーヒー趣味10の理由1 1

コーヒーはほんの少し手間をかけて淹れてみると、驚くほど豊かな味わいになります。 そして自分で淹れたコーヒーは、大きな満足感をもたらしてくれます。 この記事では、コーヒーを趣味にする理由を、10個挙げて ...

美味しいコーヒーの淹れ方 2

もくじ美味しいコーヒーの淹れ方:やってみるのが一番ペーパードリップの手順を確認コーヒー豆を選ぶコーヒーの量を決めるコーヒー豆の量とお湯の量の関係コーヒー豆を量るコーヒー豆の分量を量るコーヒーミルでコー ...

コーヒー豆 3

もくじ初めてのセットはこんな方におすすめ土居珈琲のどこがおすすめなのか良い農園から品質の高い豆を仕入れる豆の特徴に合わせて適切な焙煎を行うハンドピックによる不良豆の取り除き焙煎後すぐに配送してくれる土 ...

珈琲きゃろっと 4

もくじ 珈琲きゃろっとはスペシャルティコーヒー通販珈琲きゃろっとの値段は安い?珈琲きゃろっとのコーヒー豆は良いもの?いきなり定期便を頼むのは抵抗があるなぁコーヒーの淹れ方がよく分からないけど…珈琲きゃ ...

コーヒーをドリップする道具 5

もくじコーヒーを趣味として始めるのに必要な道具ハンドドリップは最初に道具ありき適切な抽出器具があれば美味しいコーヒーはできますペーパードリップに最低限必要な道具ペーパードリップを始めるにはこれだけ初心 ...

-コーヒーの道具
-